採用までラストスパート!
「面接」に関するNGマナーです!

面接編A 〜油断禁物!面接本番で台無しに…!?〜

さて、あなたはいよいよ就職へのラストスパート、
面接本番に臨みます。
ここでは “面接中”のNGマナーをピックアップしますので、
最後まで油断しないように、
ご自身の言動を振り返ってみてください!


■気の緩みから…ため口で話してしまう
あなたを気遣って、緊張をほぐしてくれたり、
フランクな話し方をする面接官もいます。
しかし、面接官はお友達ではありません。
“初対面の大人同士で話をする”ということを
忘れてはいけません。
「正しい敬語が分からない!」という場合は、
語尾に「です・ます」を付けてみましょう。
これだけで、あなたの印象は変わります。


■良いように見せたくて…嘘の内容を話す
「ちょっとくらいなら嘘の話をしてもばれないかな…」
と思ったら大間違い。
何十人、何百人との面接を経験してきた面接官は、すぐにあなたの嘘を見破ります。
少しでも“嘘”と思われる言動が見られると、「信用できない」「安心して仕事を任せられない」と判断されてしまいます。
職歴・志望動機・自己アピールなど、自信を持って素直に伝えられるようにイメージトレーニングや面接練習をしっかり行っていきましょう。


■正直すぎてもダメ…退職理由で職場の悪口を言う
本当のことを話すのが一番ですが、あなたのマイナス評価に繋がる発言は控えましょう。
退職理由に困ったときは、「新しい職場で自分のスキルを磨きたい」「○○職になりたい気持ちが強くなった」など、
前向きな表現を含めて説明するようにしましょう。


■時間を意識できずに…長すぎる回答
自分自身のこと、過去の思い出を聞かれると、ついつい長く話してしまいがちな方もいらっしゃるかと思います。
しかし、面接官は「質問一つに対して簡潔に」答えを求めています。
“自身の考えを相手に分かりやすくまとめる力”を見られる場合もありますので、聞く側の立場に立っての練習も行いましょう。


いかがでしたでしょうか。
就職活動の中で一番緊張する場面なので大変だと思いますが、何より練習や経験が活きる場面でもあります。
これまで挙げてきた事例にも、練習で気付いたことなどしっかり改善していき、悔いの残らない就職活動、頑張ってくださいね!


最後に、面接は就職先があなたを選考する場ですが、同時にあなたが就職先を見極める場でもあります。
わからないこと・知っておきたいことがあれば採用担当者に質問しましょう。
真剣に就職先のことを知ろうとしている姿勢を見せられれば、きっとプラスの印象を与えられますよ。


弊社キャリアコンサルタントによる就職活動・転職活動・お仕事についてのお悩み相談は随時受付中です!
些細なことからでも、是非お気軽にお問い合わせください♪

【地元兵庫に特化しているからこそできる細やかなサポート】

私ども株式会社マインズは、働く人を応援する社会人支援業として、
お仕事探し段階の不安・悩みに対するアドバイス、就業後のご相談など
一人では乗り越えることにくじけそうなあなたと一緒に伴走しながらサポートします。

私たちと一緒に乗り越えましょう!

  • 伴走就活相談無料
  • 面接会情報
  • キャリアカウンセリング(無料)
  • あなたのキャリアデザイン
  • あなたに合った働き方
  • スキルアップ支援
  • 安心の福利厚生
  • 障がい者雇用支援