採用までラストスパート!
「面接」に関するNGマナーです!

面接編@ 〜面接が始まる前に選考漏れ…!?〜

書類選考を通過したあなたは、
いよいよ【面接】を受けることになります!

ここでは “面接が始まる前”に気を付けておきたい
NGマナーをピックアップしますので、
『自分は大丈夫かな?』と思いながら、見ていきましょう!


■ 身だしなみは大丈夫?“見た目”で不合格

 面接を受ける時、あなたならどんな服装で行きますか?
 一般的にはスーツを着用する場合がほとんどですが、
 「私服での面接OK」と言われる場合もあります。
 その場合、肌の露出多いものや、ジャージ・サンダルなど
 ラフすぎる格好は避けましょう。
 また、寝癖やボサボサの頭髪、
 不潔な爪・髭・歯、きつい体臭などは、もってのほかです。
 気持ち良く話を聞いてもらえるように、
 まずは身だしなみのチェックをしっかり行いましょう。


■携帯の電源は大丈夫?“うっかりミス” で不合格

 面接室のほとんどは、静かな空間で行われます。
 その時に、SNSの通知、突然の電話、アラーム等、携帯電話の音が鳴ってしまうと、面接の雰囲気が壊れるだけでなく、あなたの印象が悪くなってしまいます。
 マナーモードにしていても、バイブ音は室内に響き渡ります。
 携帯電話の電源は、必ず切るようにしましょう。


■気合いが空回り…“到着時間” で不合格

 やる気いっぱいで30分前に会社に到着。
 一見、面接に対して意欲的で好印象に思われがちですが、面接官からすると…実は迷惑になる場合も…。
 面接官は、あなたを面接することだけが仕事ではありません。
 会社に入るときは、予約時間の5〜10分前に到着するよう、心がけましょう。
 時間に余裕があるときは、近くのコンビニや喫茶店等で時間調整すると良いでしょう。


■急なトラブル…“連絡ミス” で不合格

 「電車が遅れて…」「体調不良で…」「道に迷ってしまって…」など、面接の予約時間に遅れる、または行くことができなくなってしまうこともあるでしょう。
 その場合は、まずは必ず担当者へ早めの連絡を入れましょう。
 時間に間に合わない場合は、現状の報告(遅延・渋滞等)と、目安がわかるならあとどのくらいの時間で到着できるかを伝えましょう。
 急遽、面接に行くことが出来なくなった場合は、面接に行けなくなった理由(体調不良・他の仕事が決まった等)を伝え、
 可能であれば別日で面接日を設定してもらいましょう。
 道に迷ってしまった場合は、目印となる建物・交差点等を伝え、担当者の指示を待ちましょう。
 (※面接会場は、事前に把握し、下調べしておくと良いでしょう。)

 面接日に何も連絡をしないまま、面接に来ない・遅れることはもってのほか。
 連絡1本あるだけで、あなたの印象は変わります。


次回は、いよいよ【面接】の内容について触れていきます!

【地元兵庫に特化しているからこそできる細やかなサポート】

私ども株式会社マインズは、働く人を応援する社会人支援業として、
お仕事探し段階の不安・悩みに対するアドバイス、就業後のご相談など
一人では乗り越えることにくじけそうなあなたと一緒に伴走しながらサポートします。

私たちと一緒に乗り越えましょう!

  • 伴走就活相談無料
  • 面接会情報
  • キャリアカウンセリング(無料)
  • あなたのキャリアデザイン
  • あなたに合った働き方
  • スキルアップ支援
  • 安心の福利厚生
  • 障がい者雇用支援