まずは、就活のスタート「求人への応募」に関するNGマナーです!

応募編B 〜電話したものの準備不足で…〜

前回は【メール応募】でのNGマナーをお伝えしましたが、
今回は【電話応募】についてです。

例えば、新聞折り込みや街の情報誌で見た求人に応募する時や、
「このお仕事気になるけど…応募の前に詳細を聞いてみたい!」
と思う時に、直接電話で問い合わせる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、採用担当者が「採用したくない」と思ってしまう
“やってはいけない電話応募の仕方”についてご紹介します!


■いきなり用件だけを伝えたり、質問をする…

最初に対応する電話の相手が、
必ずしも人事・採用担当者であるとは限りません。

いきなり用件だけ伝えられても、
担当者でなければ相手は混乱しまいます。

「私、○○と申します。○○の求人について伺いたいことが
ございますので、ご担当の方、いらっしゃいますでしょうか?」
と、最初に確認するようにしましょう。


■外出先や、メモが取れない環境から電話をかける…

当たり前のことですが、「電話で応募する=求人の選考について聞く」ということになります。
その際、採用担当者から応募書類の送付や、面接日程などについて伝えられますので、以下のポイントに注意しておきましょう。


【1】メモ帳・スケジュール帳を用意する!

自分から電話をかけたのに、メモの準備を忘れて相手を待たせたり、電波が悪い、周囲がうるさくて聞き取りにくい、といったことがないようにしましょう。
きちんとメモが取れるよう、屋内や静かな場所から電話をかけましょう。


【2】話す内容をまとめておく!

電話の際、緊張して上手く内容を伝えられないこともあるかと思います。
落ち着いて対応できるよう、質問したい内容は、事前にしっかりとまとめておきましょう。


【3】応募先の住所を調べておく!

応募書類の送付や面接の際に、必ず必要となります。
住所や連絡先はあらかじめ確認しておきましょう。
行き慣れない場所で不安な場合は、目印になるものを聞いてみるのも良いでしょう。



今回、採用担当者からお伝えしたいことは、応募の段階で、すでに選考は始まっている!!ということです。

もちろん応募方法だけで、直接採用につながるとは一概に言えませんが、少なくとも採用担当者に好印象を抱いてもらう最初のチャンスになります。
せっかく一生懸命、応募書類の作成や、面接練習をしても、選考に入る前からマイナスの印象を持たれてしまっては非常にもったいないですよね。
しっかりと応募からシミュレーションを行い、良いスタートを切れるようにしていきましょう!


【地元兵庫に特化しているからこそできる細やかなサポート】

私ども株式会社マインズは、働く人を応援する社会人支援業として、
お仕事探し段階の不安・悩みに対するアドバイス、就業後のご相談など
一人では乗り越えることにくじけそうなあなたと一緒に伴走しながらサポートします。

私たちと一緒に乗り越えましょう!

  • 伴走就活相談無料
  • 面接会情報
  • キャリアカウンセリング(無料)
  • あなたのキャリアデザイン
  • あなたに合った働き方
  • スキルアップ支援
  • 安心の福利厚生
  • 障がい者雇用支援